どんな仕事をするのか|年収をアップさせたいならハイクラス求人を要チェック
複数の人

年収をアップさせたいならハイクラス求人を要チェック

どんな仕事をするのか

婦人

必要なスキルはなにか

貿易事務は輸出入に関する事務処理を行っています。主に商社やメーカーなど海外から商品を買い付けたり(輸入)、海外へ販売する(輸出)場合に必要な業務です。仕事内容は輸出に関する事務と、輸入に関する事務ではかなり異なります。ざっくりと一言で申し上げますと輸入のほうが楽です。輸入時に必要な事務は通関手配と商品納入にかかる事務ですが、通関手配はほとんどの場合、フォワーダーからの連絡で終わっています。たまにトラブルがありますが、専門的な知識がなくても輸入国およびフォワーダーと英語でのコミュニケーションが取れていれば対応することができます。しかしながら、輸出に関わる事務は専門的な知識が必要となり、輸出に対して知識のないまっさらな状態で対応するのは少々難しく、誰かのサポートが必要です。輸出は基本的に日本から海外に対して荷物を出す作業となります。船便、空輸便の手配だけてはなく、相手国の法律の問題もあり、仕事内容は多岐にわたり、コミュニケーション能力も必要となります。

貿易実務検定と通関士

貿易事務に従事する際、特別に必要資格を定めている企業は少なく、未経験から始められる職種の一つです。先に申し上げました通り、輸入に関する貿易事務は国内の仕入れ業務と難しさは変わらず、通常のコミュニケーションが電話やメールでできることと、トラブルの際に対応できることが資格といえます。配属後、急いで資格を取らなくても比較的作業がわかりやすい輸入業務から着手し、慣れてきたころから少しずつ輸出業務を任されていくことも多く、業務をとおして知識を深めることもできる職種です。輸出業務についての知識の理解度を採用側に提示するためにも資格取得は有効です。また、貿易事務で責任ある立場を目指している方は、勉強してぜひ貿易実務検定、通関士などの資格を取ることをお勧めします。貿易事務の仕事の理解度を示す指標として、貿易実務検定の資格は採用側にも自身の理解度を提示できるので有効な手段ですし、管理職を目指すなら通関士の資格もあったほうがいいですね。